Welcome to my blog

大谷翔平「感謝したい」新人王授賞式に英語スピーチ

たまごバナナ

たまごバナナ

大谷翔平「感謝したい」新人王授賞式に英語スピーチ

20190127-00460711-nksports-000-1-view.jpg
英語でスピーチをしたエンゼルス大谷は、満面の笑みを浮かべる(撮影・菅敏)

エンゼルス大谷翔平投手(24)が26日(日本時間27日)、全米野球記者協会(BBWAA)ニューヨーク支部主催のメジャーリーグ各賞の授賞式に参加した。

18年シーズンの新人王に輝いた大谷は会場の壇上に上がり、英語でスピーチ。英語が書かれた紙を見ながら「ありがとう。まず始めに、多くの素晴らしい選手とこの時を共有できて、光栄です。また、このような素晴らしいイベントを開いていただいた全米記者協会の方、また自分に投票していただいた方に感謝したい。そして、エンゼルス関係者、アート・モレノ(オーナー)、ジョン・カルピーノ(球団社長)、ビリー・エプラー(GM)、自分と自分のビジョンを信じてくれて、ありがとう」と話した。

約1分30秒のスピーチの後半では「エンゼルスのチームメート、代理人のネズ・バレロ氏、CAAの関係者、また最後に、日本からここまで来てくれた両親に感謝したい。また、全てのエンゼルスファンに感謝したい」と述べた。

最後に「(次回は)このチートシート(カンニングペーパー)を必要としないようにしたい」と話し、会場の笑いを誘って締めた。

会場での夕食時には、同じア・リーグのMVPレッドソックスのベッツ外野手、サイ・ヤング賞を獲得したレイズのスネル投手らとあいさつを交わした。

授賞式の会場には、野球殿堂入りしたマリアノ・リベラ氏ら著名人、また一般人も含め、総勢約900人が出席した。

(C)2019最終更新:1/27(日) 12:23
日刊スポーツ



最終更新日2019-01-27
Posted byたまごバナナ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply