Welcome to my blog

エンゼルスのキャンプ招待選手に「二刀流」 大谷翔平は昨季「投手/DH」で参加

たまごバナナ

たまごバナナ

エンゼルスのキャンプ招待選手に「二刀流」 大谷翔平は昨季「投手/DH」で参加
609NoP6x.jpg
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】


エンゼルスがスプリングトレーニングに招待選手として参加するマイナー選手を発表した

ジャレッド・ウォルシュは「TWO-WAY(二刀流)」というポジションに振り分けられた

大谷翔平も昨季のキャンプで「投手/DH」という異例のポジションで話題となった

【MLB】大谷所属のエ軍、キャンプ招待選手のポジション振り分けに異例の「二刀流」登場

マイナー契約でメジャーキャンプ招待のウォルシュ、ポジションは「TWO-WAY」

 エンゼルスは25日(日本時間26日)、スプリングトレーニングに招待選手として参加するマイナー選手21人を発表。ピッチャー6人、キャッチャー5人、内野手3人、外野手6人に加え、「TWO-WAY(二刀流)」という“ポジション“に1人が振り分けられる異例の形となった。

「二刀流」に名を連ねたのは、ジャレッド・ウォルシュ。2015年のドラフト39巡目でエンゼルスに入団した25歳で、昨季は1A+、2A、3Aの3つのカテゴリーで計128試合に出場し、通算打率.277、29本塁打、99打点。一方、投手としても3カテゴリーで計8試合に登板(すべて救援)し、1勝2敗1セーブ、防御率2.08という好成績を残している。ウォルシュは2016年にも1Aで2試合に登板した記録がある。

 マイナー契約からのスタートとなった大谷も昨季はメジャーキャンプに招待選手という立場で参加。ポジションは1人だけ「投手/DH」という異例の扱いで話題となった。しかし、今年は「二刀流」というポジションが登場。新人王に輝いた大谷が米球界に与える影響は大きい。

 大谷はメジャー契約を結び、開幕戦でメジャーデビューを果たしたが、ウォルシュはどうなるか。米国でも注目が集まりそうだ。

(C)2019年01月26日 11時16分 Full-count(Full-Count編集部)



最終更新日2019-01-27
Posted byたまごバナナ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply