Welcome to my blog

ジェットコースターかよ!ヨーロッパで2番目に急こう配の「ゲルマーバーン」を走るケーブルカー(スイス)

たまごバナナ

たまごバナナ

世界びっくりニュース世界中の仰天ニュースをお届け!

ジェットコースターかよ!ヨーロッパで2番目に急こう配の「ゲルマーバーン」を走るケーブルカー(スイス)

800px-Gelmerbahn_Di_Renzo (1)




 屋根もなければ壁もない車両に乗って斜面を下る。目を上げれば雄大なアルプスの山並み。足元を見れば、レールは先が見えないほどの急勾配を下っており、車両は速度を上げて一気に駆け下りる……。

 このスリルに君は耐えられるだろうか!?

 などと書くと新しいジェットコースターの宣伝か何かのようだが、そうではない。

 スイスアルプスの山中にある、現在ヨーロッパで2番目に勾配が急なケーブルカーから撮影された映像の話である。

 そしてもちろん、ケーブルカーがそんな猛スピードで走るはずもないのである。これは、本来は8分40秒程かかる道程を35秒程度に縮めた、タイムラプス映像なのだ。


imege credit: Kraftwerke Oberhasli AG/Wikimedia Commons [CC BY-SA 3.0 DE]


急勾配のケーブルカー
 
この映像は、スイス南部のアルプス山中にある「ゲルマーバーン」というケーブルカーで、フォトグラファーのラファエル・サンドズ氏が撮影したものである。

 ゲルマーバーンの全長は1,028m、高低差は448m。最大勾配は106%あり、これは角度にすると45度を超える。

2017年の12月までは、スイスではもちろん、ヨーロッパで一番急勾配のケーブルカーであった。

 現在は、同じスイスのシュヴィーツ州シュトースにできた「シュトースバーン (Stoosbahn)」というケーブルカーが最大斜度110%で、世界一急勾配となった。

スイス中部シュヴィーツ州に、世界で最も急勾配を走るケーブルカーが12月17日より運行を開始した。

 このケーブルカーは標高562メートルのシュビーツと標高1305メートルのスキーリゾート地、シュトースを結ぶ1738メートルを走り、その高低差は743メートルで最大勾配角度は110%となる。この勾配角度は世界一となる。


( World Record ) Steepest funicular in Stoos Switzerland
46487fc8 (1)
image credit:standseilbahnen
車両はハムスターの回し車にも似たドラム型で4両編成。1車両の34人が乗車できる。線路の傾斜に応じてドラムが回転するため、乗客は水平に座ったまま上昇することができるという。約4分の乗車で目的地に到着する。

これまでは1933年に開通した路線と車両が84年にわたり使用されていた。今回の路線や車両の開発には14年もかかったそうで、総工費は約59億円にのぼるという。

これはちょっとしたローラーコースター。そして自動ハムスター回し車系といったところだろうか。スイスを訪れた際はぜひ乗ってみたいものだ。スキーとか滑れないのでそのまま帰ってきちゃうけどもだ。


元々は発電設備のため
 
だが、スキーリゾートへの足として、快適なキャビンを設置したシュトースバーンと違い、ゲルマーバーンはかろうじてシートベルトはあるものの、屋根も壁もないむき出しの車両に座席がついただけのものなのである。

 これは別に、乗客にジェットコースター気分を味わってもらうためではない。元々が観光用ではなく、それどころか一般客を乗せるためのものですらなかったからだ。一般公開されたのは2001年になってからである。

 ケーブルカーの終着地点にはゲルマー湖がある。1926年に造られた、水力発電のためのダム湖だ。

 ゲルマーバーンはこの発電設備のためにつくられたのである。実際、ゲルマー湖周辺には食堂や売店といった観光用の設備は全く存在しないとのことだ。

 乗ってみたい?

 このケーブルカーの運営期間は6月初旬から10月中旬、昼間のみだ。1車両につき24人の座席定員制で、時刻指定の切符を購入する仕組みだが、空席があれば融通は利かしてもらえるようだ。

 

こちらは世界一の最急勾配スイスピラトゥス鉄道



woodysam2001
2013/07/31 に公開

スイスのピラトゥ山の登山鉄道は1000分の480という世界最大勾配の登山鉄道です。
日本でアプト式で有名な旧信越本線、横川軽井沢間は67/1000、今も営業している大井川鉄道は90/1000ですからそのすごさが分ると思います。
ロッハー式と言う世界でもここだけにしかない珍しい歯車レール方式を採用しています。
わずか4.6kmの営業距離ですがこの間の標高差は1,630mもあります。この区間を30分かけて運行しますから時速9.2km/hrしか出ませんが、開業当初は蒸気機関車両で1時間かかったと言いますから、殆ど歩くくらいの早さだった様です。



最終更新日2018-09-30
Posted byたまごバナナ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply