Welcome to my blog

大谷翔平は2発も“選出”…MLB公式が「2018年の最も偉大な本塁打」集を公開

たまごバナナ

たまごバナナ

大谷翔平は2発も“選出”…MLB公式が「2018年の最も偉大な本塁打」集を公開

エンゼルスの大谷翔平投手はMLB移籍1年目の今季、新人王に輝いた。投打二刀流でその実力を見せつけたが、特にメジャーを驚かせたのは打撃だった。104試合に出場し、打率.285、61打点、OPS(出塁率+長打率).925、10盗塁と好成績をマーク。

20180927_ohtani6_gi-560x373 (1)
元同僚マーティンから22号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

自身メジャー初の代打弾、元同僚“マーティン撃ち弾”が登場

 エンゼルスの大谷翔平投手はMLB移籍1年目の今季、新人王に輝いた。投打二刀流でその実力を見せつけたが、特にメジャーを驚かせたのは打撃だった。104試合に出場し、打率.285、61打点、OPS(出塁率+長打率).925、10盗塁と好成績をマーク。326打数で22発というハイペースでホームランを放った。MLB公式サイトが「2018年の最も偉大なホームラン」とタイトルをつけて公開した動画集では、そんな大谷のアーチが2つも登場している。

ジャンカルロ・スタントン外野手が衝撃的なヤンキースデビューを飾った開幕戦ブルージェイズ戦での2本塁打から始まる約18分のホームラン動画集。印象的なアーチの中に大谷の豪快弾も選出されて

先に出てくるのは、7月8日(日本時間9日)の本拠地ドジャース戦で放った代打ホームランだ。ベンチスタートだった大谷は同点の7回、先頭マルテの代打として登場。すると、ドジャース右腕シャグワの95.8マイル(約154キロ)の速球をセンターへ運んだ。本拠地のファンを熱狂させた自身メジャー初の代打弾。これが決勝点となり、エンゼルスは4-3で勝利した。

 そして、2つ目は今季最後のホームランとなった22号。9月26日(同27日)の本拠地レンジャーズ戦。2-2の同点で迎えた8回1死走者なしの場面で、日本ハム時代の同僚マーティンからレフトへライナーで飛び込む一発を放った。これも決勝弾。後半戦のホームラン量産を締めくくる一発となった。

 今季終了後にトミー・ジョン手術を受け、来季は打者に専念することになる大谷。「偉大なホームラン」を何本打ってくれるのか、期待は高まるばかりだ。

【動画】「2018年の最も偉大な本塁打」をMLB公式が動画特集… 選出された大谷翔平の“マーティン撃ち弾”&代打決勝弾

動画】大谷翔平がの同僚マーティンから22号本塁打を放つ


【動画】大谷翔平が本拠地ドジャース戦で放った自身メジャー初の代打弾

(C)2018(Full-Count編集部)



最終更新日2018-11-28
Posted byたまごバナナ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply