Welcome to my blog

開幕前に「高校レベル」と酷評の記者も…新人王の大谷翔平を絶賛「偉大な打者」

たまごバナナ

たまごバナナ

開幕前に「高校レベル」と酷評の記者も…新人王の大谷翔平を絶賛「偉大な打者」

エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ア・リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)」に選出された。開幕前のスプリングトレーニングで防御率27.00、打率.125と苦しみ抜いた二刀流右腕を酷評し、開幕後の大爆発で“手のひら返し”に打って出た2人の名物コラム二ストは、「正当な勝利者」「当然の楽勝」と大谷を改めて絶賛している。

20180912_ohtani3_gi-560x373.jpg
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

新人王の大谷を記者が続々称賛「オオタニが成し遂げたことは歴史的」
 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ア・リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)」に選出された。開幕前のスプリングトレーニングで防御率27.00、打率.125と苦しみ抜いた二刀流右腕を酷評し、開幕後の大爆発で“手のひら返し”に打って出た2人の名物コラム二ストは、「正当な勝利者」「当然の楽勝」と大谷を改めて絶賛している。

全米野球記者協会30人の投票で選出された新人王。投票者の中には、開幕前に不振の大谷の打撃を「高校生レベル」と酷評した米ヤフー・スポーツのジェフ・パッサン記者も含まれていた。開幕後に大爆発した際には公開書簡形式で大谷に謝罪し、話題を呼んでいた同記者は、新人王発表後に自身のツイッターを更新した。

「私もア・リーグ新人王の投票権を持っていた。投票はこうだ。1位 ショウヘイ・オオタニ、2位 ミゲル・アンドゥハー、3位 ジョーイ・ウェンドル」

 大谷に1位票を投じ、ライバルと目されていたヤンキースのアンドゥハーは2位、そして、3位にはレイズのウェンドルを選出していたことを明かした。「アンドゥハーの打撃は気に入っている。彼の守備はそれほどでもないし、そこが痛手だった。ウェンドルは常に素晴らしかった」と、寸評ではアンドゥハーの守備がマイナス要素になったと分析している。

 そして、「オオタニが成し遂げたことは歴史的だ。偉大な打者。投手としても平均を超える。正当な勝者」と二刀流のスターについては大絶賛。かつて高校レベルと批判した打撃を「偉大」とまで絶賛している。

5勝&5本塁打以下と予想の記者も「当然の楽勝」
 
一方、米経済誌「フォーブス」の野球担当の名物コラムニスト、バリー・ブルーム氏も大谷の新人王選出を絶賛している。

スプリングトレーニングで投打に苦しみ抜く大谷の苦境から、投手としての成績は「5勝8敗」と予想。一方、打者についても辛口で、「私はオオタニの本塁打数について、投手としての勝ち星よりも少ないだろうと予想しているんだ。つまりホームランは5本未満だ」「投打どちらも仕上げるには、時間が必要だ」と持論を展開していたが、開幕直後には自らのコラムで公開謝罪していた。

そして、大谷の新人王受賞の特集では「ショウヘイ・オオタニはスプリングトレーニングで何一つ示さなかった」と開幕前の不発ぶりを振り返る一方で、「すべてに反して、オオタニは1919年のベーブ・ルース以来となるシーズン50イニング登板、15ホームランを達成した。これだけでも、オオタニは伝説のジャッキー・ロビンソンの名前を冠せられたア・リーグ新人王で当然の楽勝だ」と大絶賛している。

 投票権を持つ記者30人中、実に25人が大谷に1位票を投じた。かつて酷評した名物コラムニストも気持ちの良いほどの絶賛で祝福している。

(C)2018(Full-Count編集部)



最終更新日2018-11-17
Posted byたまごバナナ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply