Welcome to my blog

大谷翔平を預かる新監督の履歴書。 失敗からの再起はフロント主導か。

たまごバナナ

たまごバナナ

大谷翔平を預かる新監督の履歴書。失敗からの再起はフロント主導か。



20181023-00000086-spnannex-000-5-view.jpg

photograph byAFLO

posted2018/10/29 07:00

大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンゼルスの新監督に、49歳のブラッド・オースマス元捕手が就任した。

 オースマスは1969年、東海岸のコネチカット州ニューヘイブンに生まれ、少年時代から野球とバスケットボール、そして読書に慣れ親しむ間に2つの目標を持ったという。

「メジャーリーガーになることと、ダートマウス大学に進学すること」。

 ダートマウス大学は副大統領を筆頭に数えきれないほどの政治家、州知事や米最高裁判事、ノーベル賞受賞者や億万長者、また俳優やオリンピックのメダリストも数多い東部の名門大学だ。

 オースマスは高校時代に投手から遊撃手に転向。バスケットボールとの「スポーツ二刀流」を楽しみながら、地域の最優秀選手に選ばれた。ボストン・レッドソックス・ファンだったが、皮肉なことに宿敵ニューヨーク・ヤンキースからドラフト48巡目(全体1152番目)指名され、「マイナーリーグでプレーする傍ら、大学に通ってもいい」という条件つきで入団した。

強肩俊足の捕手として活躍。

 成績優秀だったオースマスは難なくダートマウス大学に迎え入れられたが、彼がもう1つの目標をかなえるのには少し時間がかかった。

 プロ入りと同時に捕手に転向したオースマスは、強肩と高い運動能力を生かした守備で一定の評価を受けた。ヤンキース傘下のマイナーからコロラド・ロッキーズ、そしてサンディエゴ・パドレスへと移籍する間に打撃も向上。最終的にはAAA級マイナーで打率.270、OPS.711と頭角を現し、1993年夏にメジャー初昇格を果たした。

 少年時代の夢を2つともかなえたオースマスは、メジャー昇格直後から4割近い盗塁阻止率で定位置を獲得。高い身体能力を生かして1番や2番を打ったと思えば、1995年には16盗塁して周囲を驚かせた(通算102盗塁)。

 1997年にはヒューストン・アストロズで盗塁阻止率49%を記録。打撃タイトルなどは獲得していないが、ゴールドグラブ賞を3度も受賞しており、守備面での評価は総じて高かった。

木田、稼頭央、黒田とプレー。

4球団を渡り歩く間には、野茂英雄(当時タイガース)や現日本ハムGM補佐の木田優夫(当時タイガース)や今年限りで引退した西武の松井稼頭央(当時アストロズ)、元広島の黒田博樹(当時ドジャース)ら日本人選手ともチームメイトだったことがある。

 現役引退後はパドレスのフロントに入り、2014年からの4年間はデトロイト・タイガースの監督を務めた。2013年には母方がユダヤ系だった関係でWBCイスラエル代表の監督も務めている。

 タイガースの監督としては通算314勝332敗(勝率.486)、監督初年にア・リーグ中地区で優勝したものの、地区シリーズで敗退。残る3年は2位1回、最下位2回。「最初の監督経験」は山あり谷ありの成績に終わっている。

監督に与えられる再起の機会。
 
メジャーリーグでは「最初の監督経験」で失敗した人材に、「Second Chance」=再起のチャンスを与えるケースがよくある。

 たとえばクリーブランド・インディアンスのテリー・フランコーナ監督。彼は1997年、37歳でフィラデルフィア・フィリーズの監督に就任したものの、「最初の監督経験」では勝率5割以上のシーズンが一度もないまま通算285勝363敗(勝率.440)に終わっている。

フランコーナ監督が再起のチャンスを掴んだのは2004年(就任は2003年の冬)、レッドソックスでのことだった。

 同年、レッドソックスを86年ぶりのワールドシリーズ優勝に導いて汚名を返上すると、松坂大輔や岡島秀樹がいた2007年にも2度目の優勝を果たすなどして、同チームでは通算744勝552敗(勝率.574)と見事にSecond Chanceをモノにした。

 現在指揮するインディアンスでも通算545勝425敗(勝率.562)でア・リーグ中地区3連覇中、2016年にはア・リーグ優勝も果たしている。

 いつだったか、フランコーナ監督はこう言っている。

「人間というのは失敗から何かを学ぶもの。監督の仕事は日々の打順や先発投手の名前をオーダー表に書き込むだけではなく、彼らが今どんな調子で、どんな問題を抱えているのかを知ることだ。おまけに(選手枠の)25人だけではなく、フロントの人々とも連携を取っていかなければうまく行かない。だから、どんな失敗をするかが貴重な経験になるんだ」

アストロズ監督も不遇の時が。

 昨季のワールドシリーズ王者ヒューストン・アストロズのA.J.ヒンチ監督も、Second Chanceをモノにした1人だ。彼は現役引退後、アリゾナ・ダイヤモンドバックスの編成部門入りし、当時の監督ボブ・メルビン(現アスレチックス監督)が失脚したシーズン中に突如、監督に抜擢された。34歳の時である。

「リーダーになるにはいろんな道があると思うけど、私の場合は結構、弾丸を打たれながらそこに辿り着いたようなものかも知れない(笑)。マイナーでも監督経験がなかった私には、クラブハウスの文化をいかに築くのかっていうのは未知の世界でね。現役時代は自然にあったものが、実は監督やコーチ、選手の質によって大きく違うものなんだと思い知ったよ」

 ヒンチは当時、選手たちから「俺たちは前の監督が好きだったのに、なんでお前が?」という扱いを受けたらしく、それはチーム成績に露骨に表れた。翌夏に解雇されるまでのチーム成績は通算89勝123敗(勝率.420)と不本意な成績に終わっている。

頭脳を生かすための分析を。

 彼が再起のチャンスを掴んだのは3年前のことだった。

 2013年に3年連続シーズン100敗以上を記録した弱小球団は2014年も70勝92敗(勝率.432)で地区4位に沈んでいたが、ヒンチ監督が指揮を執り出した2015年に地区2位でワイルドカードでプレーオフに進出した。

 2017年には球団史上初のワールドシリーズ制覇を果たした。アストロズでの4年間の通算では374勝274敗(勝率.577)と、こちらも汚名を返上した。

 ヒンチは西海岸の名門スタンフォード大学の出身で、現役引退前からその明晰な頭脳を生かす道を探っていたという。

 そしてオースマスもまた、タイガース監督の任を解かれた直後、「(数字の)分析についての知識を広げたい」という野心を持って、分析部門の拡充を図ってきたエンゼルスのビリー・エプラーGMの誘いに乗ってフロント入りしている。

 オースマス新監督は10月22日の就任会見で、こう言っている。

「現役時代も相手チームのスカウティング・リポートをうまく活用していたつもりだが、今は見たことがないぐらい豊富な情報が存在し、分析とは何なのかを自分に浸透させるいい機会だった。私は学び取るのが早いと思っているし、自分に合っていると思う」

フロント主導の潮流に乗る?

 数字の分析処理に長けた「フロント主導」のチーム構築法は、2000年代に入ってアスレチックスのビリー・ビーンGMが先駆者となり、プロ野球経験のないセオ・エプスタイン(レッドソックス、カブス)やジョン・ダニエルズ(レンジャーズ)が成功したことでメジャーリーグの主流となっている。

 昨今は試合状況に関係なく、何でもかんでも一発長打を狙ってアッパースイングをしたり、とにかく継投策ありきの投手起用をするため、「先発投手=Starter」という言葉がいつの間にか「はじまりの投手=Opener」に置き換えられるような時代だ。チーム構築法だけではなく、試合運びや野球の技術的なことまで「フロント主導」で進んでいる。

 エンゼルスはどうか?

 実はエンゼルスは数年前、「現場主導」のマイク・ソーシア監督を守るため、急進的な球団改革を断行したジェリー・ディポトGMを解雇した過去がある。ソーシア監督が去った今、後任のエプラーGMは、前任者が完遂できなかった「フロント主導」のチームを作り、現場にも積極的に介入する時代の潮流に乗ろうとしているのではないかと思う。

「今日勝つこと」を毎日やる。

「我々は勝つためにここにいる。選手たちへのメッセージは『今日、勝とう』です。昨日のことなんてどうでもいいし、他の人がどう言おうが気にならない。他のチームのことも気にならない。私はロサンゼルス・エンゼルスのことしか考えていない。『今日、勝つこと』。それを毎日やっていれば、大丈夫だ」

と再び、就任会見のオースマス新監督。

 スーパースター、マイク・トラウト外野手の実力を生かせぬシーズンはいつまで続くのか。けが人多発の投手陣をどうやって建て直すのか。トミー・ジョン手術のリハビリをしながら「打者・大谷」は成功するのか。未来の殿堂選手ゆえに不調でも出場させなければならないアルバート・プホルス一塁手/指名打者の起用法をどうするのか……などなど。

 簡単には解決できない問題が山積みのエンゼルスで、「文武両道」のオースマス新監督は生き延びることができるか――。

(c)2018Nunber Webナガオ勝司
Katsushi Nagao
最終更新日2018-10-31
Posted byたまごバナナ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply